ただの軽口?いいえ、誹謗中傷は犯罪です!

ネットは現代社会においていまや欠かせないものです。ネットワークのほかのメディアとの最も異なる点はネットは気軽に自身が情報を発信することができるということになります。ですが気軽に発信できるといっても、何でも発信していいわけではありません。特定の個人、組織に対するいわれのない誹謗中傷は時として犯罪とみなされ、裁判沙汰になることもあります。ネットは匿名性が保たれているとはいえ公的機関が関与してしまえば匿名性はあってないようなもの。そもそもネット世界に限らず、人の悪口を言うのも聞くのも、気分の良いことではありません。自身が加害者になることがないように、気を付けてネットワークを楽しみたいですね。

誹謗中傷を受けても冷静な対応を!

自分に対して個人的に攻撃するコメントをネット上で見つけた!もしそうなってしまったら気が動転してしまいそれに対し自らもまた攻撃的な意見を書いてしまうかもしれません。しかし、感情のままネットにコメントを書き込んだとしてもあまり良い結果は生まれないもの。まずはいったん冷静になり、どうすべきかを落ち着いて考えてみましょう。まずサイトの管理者やプロバイダに連絡してそのコメントや記事を消去してもらい被害が広がることを避けるようにすること。そのままにしておくとどんどん広がってしまい、自身の生活に影響を与える危険性があります。あまりにも悪質な場合は法的手段に頼るのも一つの手です。その誹謗中傷が真実でなければ、名誉棄損で訴えることが可能です。対策をきちんととることで、楽しいネットライフを!

それって本当に誹謗中傷?

相手の悪口、中傷は人を精神的に傷つける行いであり、それがネットワークという広大な世界で行われた場合時として相手の生活すら狂わせてしまう危険性があります。しかし、なにか自分や会社を批判するような意見を見つけた場合、そのコメントは本当に誹謗中傷なのか落ち着いて考えてみてください。誹謗中傷とは真実でない、根拠のない非難のことを指します。その人の述べている意見にまっとうな根拠があれば誹謗にはなりえますが中傷にはならないのです。特に会社に関する根拠のある誹謗である場合は、しっかりと受け止めていきたいものですね。ですが、言葉というものは相手の受け取り次第で意味が変わるものであり、直接顔を見ることができないネットワークにおいてはなおさらです。相手を必要以上に傷つけることがないよう、意見を発信する前に文章を確認する癖をつけるようにしましょう。

逆SEOとは、検索順位を上げるSEOとは逆に、誹謗中傷など特定のサイトの検索順位を下げることを目的とした対策です。