パソコン買うならデスクトップ?ノート?

パソコンは近年低価格化が進んでいるものの、まだまだ大きい買い物であることに変わりはありませんよね。そんなパソコンを買う上で選ぶ基準が分からないという方は多いのではないでしょうか?まずパソコンはデスクトップというモニター・キーボードなどと別々のコンピュータ本体だけのもの、ノートパソコンというキーボード・モニターなどと一体になったもの、キーボードがなく画面をタッチして操作するタブレットPCの大きく分けて3つに分けられます。この3つにはそれぞれ大きな違いがあるのです。

デスクトップ・ノート・タブレット、それぞれの特徴

まずデスクトップPCですが、これのメリットは同性能のノートPC・タブレットと比べて値段が安い、ゲーム・動画編集用の高性能なものが多くある、などのことが挙げられます。デメリットは大きいため持ち運びが困難、デスクなどのスペースを広くとるなどです。そのデメリットを解決した大きさがとても小さいものがありますが、大きいものの比べて値段が高いことが多いです。ノートPCは上述の通り同程度の性能のデスクトップよりも値段が高いですが、外出先に持って行ったりいろいろな部屋で使ったりとモバイル性に優れています。タブレットは画面にタッチして操作するためより直感的な操作ができ、モバイル性もノートPCより上ですが、値段は高く、性能も低いため高度な作業には向きません。

結局、どれを選べばいいの?

デスクトップとノートPC、タブレット、それぞれにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。どれを選べばいいかはパソコンを使う用途によるでしょう。ずっと同じ部屋で使う・より高性能を求めるという方はデスクトップ、寝室やリビングなど複数の部屋で使いたいカフェなど外出先でも作業がしたいという方にはノートパソコンがよいです。パソコン初心者にもノートパソコンがお勧めです。ネット閲覧・ゲームアプリだけするというのならばタブレットが使いやすいのではないでしょうか。ほかにも価格などの様々な要素があるのですが、パソコンを購入しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

パソコンは生活していく上では、世の中の情報がインターネットを介してすぐに入って来るので、大変便利なものです。