中央機関支配にある安全性の問題

ビットコインのシステムは、従来の法定通貨と異なり、中央銀行などの国の中央機関に依存していないのが大きな特徴です。それ故、政府や中央銀行が供給量をコントロールすることが出来ず、供給量に関しては全てプログラムによって予め決まっているわけです。その為、後から人為的にビットコインの供給量を操作できないので、それが信頼性の担保になっています。一般の銀行に資産を預けた場合、お金の管理は全て銀行側に委ねられます。最悪の場合、銀行のシステムがハッキングされれば、預けた資産が失われることがあるわけです。例え預金が安全であっても、ハッキングの噂だけで取付騒ぎの引き金になり、自分の口座が閉鎖されるリスクもあると言えます。

貨幣価値毀損リスクの低さ

国などの中央機関が金融基盤をコントロールする仕組みは中央集権化と呼ばれており、それに対してビットコイのように中央機関の支配を受けない仕組みは非中央集権化と呼ばれています。この仮想通貨は、中央機関を信用できない人々が主なユーザーとなっており、政情が不安な国々を中心に広まったわけです。ビットコインの世界では、急激なインフレ等による貨幣価値の毀損リスクが極めて小さいので、ネット環境が整っていれば資産を安定して保持できるわけです。

24時間365日利用可能

通常、法定通貨は国ごとに異なっており、外国で経済活動を行うには、その国の通貨に両替する必要があります。その際には、手数料が発生し、何度も両替すれば手数料の合計は高額になっていきます。一方、ビットコインには国境が無く、相手さえいればどこの国でも売買が出来るわけです。実際、ビットコインを決済にすることで、ビジネスチャンスが増えています。手数料に関しても、金額に関わらず一定で、且つ格段に低くなっています。また、銀行のシステムと違って、24時間365日ビットコインによる取引が行えるので、決済の利便性においても優れているわけです。

円やドルなどの通貨は、理論上発行量に限りはありませんが、ビットコインは上限が決まっています。現在のペースで採掘が進めば、約120年後に全ての発行が終わります。